B級手品師(日常編)

B級手品師(日常編)です。青森のことを中心に綴ります~。よろしくお願いいたします。

遺跡の絶景に期待🌸 ※読売新聞(青森版)ひろば(2021年4月16日付)

 

 今回のテーマは「開花」です。「開花」といえば、サクラの花を思い浮かべます。おもしろい視点で、「才能の開花」というのもアリだと思います。
  話は変わりますが、今年も、小牧野遺跡(青森市)のヤマザクラ🌸の時期がやってきました。例年より、かなり早く咲き誇るでしょう~。見頃を見逃さないようチェックしていきます。

 

f:id:btejina:20210416055029j:plain

f:id:btejina:20210416055146j:plain 読売新聞(青森版)ひろば 2021年4月16日(金)付

 

f:id:btejina:20210415174259j:plain撮影:2020年5月5日(こどもの日)

発想の転換 必要  ※読売新聞(青森版)ひろば(2021年4月8日付)

 

本日(4月8日付)の読売新聞(青森版)です。

今回のテーマは「我慢」でした。そして、タイトルは発想の転換 必要」です。まだまだ、コロナ禍の出口が見えません。皆さんは、どう過ごしていきますか?!

 

f:id:btejina:20210409220201j:plain

f:id:btejina:20210409220222j:plain読売新聞(青森版)ひろば(2021年4月8日付)

 

 

f:id:btejina:20210410151153j:plain

 

「マレビト展」で学ぶ  ※2021年4月8日(木)掲載(東奥日報:明鏡欄㉙)

 

今年初めての「明鏡欄(東奥日報:地元紙)」投稿です。
先日、「マレビト展」に行って来ました。「マレビト」という言葉に出会えたことは、私にとって、大きな収穫でした。終わりが見えないコロナ禍真っ只中、発想の転換が大事だと思います。

 

f:id:btejina:20210408063542j:plain

東奥日報 2021年4月8日(木)付
 

 

f:id:btejina:20210407183953j:plain

 

 

f:id:btejina:20210407184012j:plainマレビト(おすましさま) 木戸 永二(画家)

 

 

f:id:btejina:20210407184029j:plainサンデーちゃん  豊川 茅(イラストレーター)

 

 

f:id:btejina:20210407184042j:plain木鯨  算用子 綺香(アーティスト) 

 

 

f:id:btejina:20210407184056j:plain

 

f:id:btejina:20210407184109j:plain

 

「遮光器土偶ニット帽」謎の作者を探ってみた❗️(オンデマンド放送)

 

本日から、2ヵ月限定(オンデマンド)で視聴できます~
あっぷるワイド🍎プラス|NHK青森(2021年4月1日放送)

 

f:id:btejina:20210406200136j:plain

f:id:btejina:20210406200232j:plain

f:id:btejina:20210406200256j:plain

 

視聴は、下記リンクからどうぞ~(4/6から2カ月限定)

www.nhk.or.jp

小牧野遺跡&縄文の学び舎・小牧野館(青森市)の季節到来です~

 

 本日、ジョギング🏃🏻‍♂️にて「小牧野遺跡&縄文の学び舎・小牧野館(青森市)」を回りました。約10キロのコースです。

 トピックスとしましては、4月1日に「小牧野遺跡オリジナルグッズ第5弾」が新発売されたことです。今回は、「マグカップです。早速、マグカップにコーヒー☕️を注いで、このプログを更新しています~

 

小牧野遺跡(青森市

f:id:btejina:20210403125240j:plain① 小牧野遺跡は標高約140m付近に位置しています。山道を1.2キロ登ります。「縄文の学び舎・小牧野館(青森市)」からは1.5キロです。

②小牧野遺跡エリア内に「小牧野の森・どんぐりの家」があります。休憩スペースで、トイレも完備されています。今月末、開館予定です。

③展望所からは、陸奥湾が一望できます。本日は、霞がかかり残念でした。下北半島は勿論、運がよければ北海道も確認できますよ~

④現在、小牧野遺跡の代名詞である環状列石(ストーンサークル)は、積雪からストーンを保護するため、ブルーシートで覆われています。

 

縄文の学び舎・小牧野館(青森市

f:id:btejina:20210403125305j:plain①旧 野沢小学校跡地に縄文の学び舎・小牧野館」ができました。

②正面玄関では、「ねぶたの縄文人が出迎えてくれます~

土偶縄文式土器など多数の展示物が鑑賞できます(入館料無料)

④グッズ売り場では、小牧野遺跡キャラクター「こまっくー」が、おしゃれな遮光器土偶ニット帽をかぶって出迎えてくれますよ~

オヤジの背後に、木彫りの「こまっくー」! 2年前までは、小牧野遺跡エリアで頑張っていたのですが、いまは、寂しくポツンと隠れるように立っています。縄文の学び舎・小牧野館」に来館した際は、ぜひチェックしてください~

 

 小牧野遺跡 NEWオリジナルグッズなど

f:id:btejina:20210403125404j:plain①小牧野遺跡オリジナルグッズ(第5弾)のマグカップです。シリコン製のふた(小牧野遺跡の代名詞であるストーンサークル)がセットです ※3000円(税込)

土偶マグネット ③土偶キーホルダーも新発売となりました ※各500円(税込)

 

f:id:btejina:20210403125422j:plain早速、コーヒーを注ぎました。

テレビ📺出演しました🥴

 

4月1日(木)、あっぷるワイド青森(NHKに出演しました~。ほんの少しですが。とても貴重な体験でした。まさか、『遮光器土偶ニット帽』が、ここまで大人気になるとは思いませんでした。作者の小牧野遺跡ラブ❤️がうかがわれます。わたしも、引き続き、憩いの場である「小牧野遺跡(青森市)」を応援していきます❗️

 

f:id:btejina:20210402001423j:plain

みやこうた⑤  ※毎日新聞(青森版) 令和3年3月21日(日)付

 

今回は、時事ネタの政治家、官僚、企業の癒着を「みやこうた」で表現しました。
「みやこうた」は、3・8・5(み・や・こ)の16音で作る青森生まれの定型詩です。

f:id:btejina:20210322205857j:plain

f:id:btejina:20210322203601j:plain毎日新聞(青森版)令和3年3月21日(日)付

 

先日、「みやこうた」を考案した湊 望(みなと ほまれ)さんが紹介されました。 

f:id:btejina:20210322203623j:plain東奥日報 令和3年3月16日(火)付

 

また、私としましては、明鏡欄(東奥日報 投稿欄)「みやこうた」のことを投書しました。みなさんも是非~。頭の体操にもなりますよ~ 

btejina.hatenadiary.com